a-今すぐ現金【カードローンって使い方次第なんです】

消費者金融の審査について

カードローンって実は便利かも?

カードローンは一度持つと次々使ってしまいそうだから怖い!と思っている方も多いかもしれません。
でも使い方を工夫すればとても便利な商品なのです。
また逆にそういう風に考えている人こそ使いすぎが防げますから、カードローンの活用の仕方だけ覚えておけば良いように思います。
カードローンを1枚持っておくと便利な情報を幾つか紹介しますので参考にしてみてください。

 

1・他のローンと比べて日割りの利息で良い
2・翌日返済する方法もOK
3・カードを持てば審査が不要でいつでも借りられる

 

これが大まかな特徴でしょうか。
中でも日割りで利息が計算されるのはメリットが高いといえます。
通常は月単位のためたった1日借りたくても一か月分の利息がかかってしまいます。その一方でカードローンなら月々の返済だけでなく1日単位でも返せるのが便利なのです。
早く返す、小額のみ借りる、必要な時だけ利用する。
この3点だけを守れば怖い商品ではありません。
クレジットカードのキャッシングのような感覚で1枚持っておいても良いでしょう。なぜなら年会費がかからないためで、持っているだけなら費用の負担は無く、逆にクレジットカードのキャッシングより金利が低いこともあるからです。
多数のカードローンのお得な使い方について紹介しますので、参考にしてみて下さい。

どんな目的でも使えるローン

カードローンのメリットについて1つ紹介しましょう。
それはどんな目的でも使えることです。銀行のローンといったら車用、住宅用、事業用、リフォームローン、教育用など用途がわかれていますね。でもカードローンはどんな用途でも使って良いことになっています。

 

・ 急な冠婚葬祭
・ 引越し費用
・ 生活費が不足した
・ 教育費の一部

 

等々、どのような目的でも使用がOKとなっています。
でもどんな理由でも裏があるんでしょ?と思う方も多いと思います。
他のローンと比べると金利が高めのデメリットはありますが、最近はネット銀行も参入してきているためそれほど高いわけではないこともあります。
実は金融の分野は価格競争も激しく、何かしらメリットがなければやっていけないのです。それなら利用しない手はありませんね。

意外な利用者の傾向

カードローンというとお金が足りない人が使うイメージが強い人も多いかもしれません。
実は男性でそれなりに所得もある人が利用している実態があります。
中でも30代〜50代の使用傾向が高く、お金に困っているわけではないと考えられる世代が多くなっています
使用する理由は様々なのでしょうが、生活費とは別に急な出費に耐えるようカードローンを上手く使ってる人が多いと考えられます。
冠婚葬祭、副業の費用、スキルアップの費用などもあるかもしれませんね。

事前に作ったほうが良い理由

カードローンは生活費が不足した人がだけが利用しているのではなく、それ以外の必要経費の出費にまかなっている人が多いようです
年収がそこそこ高い人の利用も多いのは、好きなときに直ぐ借りられるメリットがあるからでしょう。
しかし借りたいと思ったら直ぐ借りられるとは限らないのです。

 

事前にカードを作っておいたほうが良い理由を紹介します。
最初は審査が絶対に必要です。
この審査時間は各社で異なり、最短30分程度で終わる金融業者もあります
比較的大手の消費者金融に多く、土日祝日や夜間の対応もできることから利便性が良くなっています。
ただしこれが銀行相手になると2〜3日程度かかるのが普通で、最長では1週間から2週間など幅があります。
これでは借りたいと思った当日に借りられるかはわからなくなってしまいます。
また当日借りようとすると判断が間違いがちです。
選択できる業者の幅も狭くなり、本当に長期間使い続けられる業者を利用できません。後々良い業者が見つかり乗り換えようとしても、既にカードローンの利用があると断られることもあるため注意しましょう。
当日借りようと思っている方でも、事前のリサーチをおすすめします。
当日借りられる業者を見つけておけば、慌てずに済みますね

キャッシュカード代わりに使う

銀行でお金を引き落とすのに手数料がかかるのはバカらしいと思う方もいるでしょう。
仕事で帰宅が遅く、土日祝日しか実質銀行に行けないとそのたびに毎回100円程度の手数料がかかります。
銀行にお金を預けても利息はほぼゼロなのに、銀行側にばかりお金を取られているのが勿体無いと思っているなら、カードローンを上手く活用しましょう。
この場合は注意が必要です。
かならず休日や夜間の借入手数料が無料である金融業者を選ぶことです
多くの場合消費者金融では夜間でも使えるコンビニATMの手数料が有料となっています。
その一方で銀行のカードローンは無料の所も増えてきました。
この場合手数料はサービスするからお金を借りた利息で儲けるといった感じでしょうか。
多種多様な商品を提供するネット銀行ならそれくらいの費用を負担することができるようです。
また借りれば当然利息がかかりますから1日でも早く返済しなければなりません。
週末に借りて翌月曜日に返済手続きができれば、銀行の時間外手数料より安くなる場合が多くなっています。
この場合もネットで返済、コンビニ返済なども可能な業者が多く、銀行に行くことができない人でも数日以内に返せる手段があります。返済手数料、利便性などもよく確認の上利用するようにしてください。

旅行で現金が必要になった時

カードローンを持っていて良かったと思うのが、旅行先で現金が足りなくなった際です。
社会人ならクレジットカードの1枚は持っていると思うので、カードのキャッシング機能を使っても良いのですが、カードローンで金利が低い所と契約しておいたほうが利息は安くなります
クレジットカードのキャッシング機能は便利だし、何となく安心というイメージが強いかもしれません。
実は殆どの業者では金利がかなり高めになっているのです
安易に使う人は金利の高さよりも使いやすさのほうを重視しますから、この点が見逃されています。
一方カードローンなら小額でも16%や17%の所もありますし、中には銀行カードローンでその半分くらいまで低く設定している場合も見られます。
また、クレジットカードの場合はショッピング枠とキャッシング枠の両方があるわけで、どちらも使っていればWで返済がのしかかります。
どちらも同じ日に銀行から引き落としとなり、負担となるから必要最低限の金額でリボ払いする人も少なくありません。
後で気が付いたら一向に元金が返済されておらず、いつまでも返済が続くケースもあります。
買い物で使うカード、お金を借りるカードはわけて考えた方がわかりやすいのではないでしょうか。

急な引越しに使える

カードローンの使い道で何が多いかというと、娯楽よりも生活費など最低限必要となる費用に利用してている人が多くなっています
毎月ちゃんと生活費のやりくりをしているが、予定外の出費が出てしまった際に一時的に利用しているようです。
例えば急に単身赴任が決定し現金が必要になったなどでしょうか。
この場合一時的な使い方のため多額の借金を抱える必要も無く、クレジットカードのキャッシング枠より多く借りられる可能性もあるため重宝します。
例えば、週末に会社から単身赴任の辞令が出たとしましょう。
こんな急な話はめったに無いとは思いますが、一生の内絶対無いとは言い切れません。
もし週末に引越しの準備をしなければならない時、銀行も開いていないため定期預金が解約できません。
銀行にお金があるが、休日のため用意できないこともあるわけです
そんな時は急いでカードローンを申し込めば、大手消費者金融ならその日に融資してくれる可能性が高くなっています。
この場合、週末を開けて月曜日に奥さんにでも銀行に行ってもらい、定期預金の一部を下ろしてくれば良いでしょう。
このときの利息はほんのわずか、こういう使い方なら多くの方がアリだと思うのではないでしょうか。
消費者金融の審査について

参照リンク

お金が借りれる条件・・・貸金業法で定められた基準をもとにお金が借りられる条件について