親が亡くなったときの緊急費用

親が亡くなったときの緊急費用

カードローンは万が一の際の費用と考えている人が多く、中でも冠婚葬祭に使う人は多いようです。
数万円借りるのにはちょうどよく、カードさえあれば夜間でも借りることができるからです。
しかし親戚の人が亡くなった際の参列のための費用だけでなく、親の不幸の際にも役立てられるのがカードローンのよさなのです。
親がある日突然亡くなった?このようなケースは誰にでも起こることです。しかし親のために葬儀の費用を用意している人などどこにいるのでしょうか。殆どの場合人事で、自分の身に降りかかるとは思っていないはずです。
カードローンは年収が高ければ最大300万円くらい借りることができる場合もあります。
これなら親の葬儀代くらいにはなるでしょう。
例えばこんな場合にカードローンは便利です。親が残してくれた貯蓄があることはわかっているが、あいにく休日だったため銀行に行けない、または急ぎのため通帳や印鑑が見当たらない場合などです。
これならカードローンを一時的に借りても問題は無く、直ぐに返済できることがわかっていれば不安はないはずです。カードローンは金利は決して低くはないため、長期のローンの利用はあまりおすすめできませんが、冠婚葬祭で直ぐに返せるケースなら借りても良いでしょう。